快晴
3℃
65%


勝手ながら、1月17日(木)~20日(日)臨時休業となっています。
ご注文、お問合せのお返事、発送は21日からとなります。
どうぞよろしくお願いいたします。

今日も嬉しいことがありました。
暫く無理だと言われていた山野アンダーソン陽子さんのガラス器が届くようです。
先日お問合せのお電話をいただいたのですが「暫く無理みたいです」とお伝えしてしまいました。
お名前とか教えていただいていればお伝えできるのですが、、、

ちょっと憂鬱なことも続いていて午前中は凹んでいましたが、天国三人組はこういう風にちゃんと嬉しいことを用意して下さいました。
一日の終わりに天秤にかけるとequalです。
いいえ、equalというよりも嬉しい方が重いみたいでevenよりも嬉しいに傾いています。
これに応えるためにも粛々とお仕事をしなければいけませんが、確定申告の準備も、です。
これもお仕事とご理解頂ければ幸いです。誰に?。

中村かおりさんの器の準備もほぼほぼ完了しているのですが、上記の通りお休みをいただいて京都へお墓参りに行きます。


そうなると情報の孤島に参りますので、もしもご注文いただくとお返事が遅くなります。
躊躇しています。
ただ、戻るとまた納品がてんこ盛りとなりそうですので、これも問題です。
前にも進めず、後ろにも戻れず、、、
戻る必要は全く無いですが、、、

今日は食料調達デーでしたが諸般の事情でお出かけならずです。
我が家のパントリーはスッカスカ状態です。
ホットチョコレートもミルクが渇望しているので生クリームで誤魔化した大甘でしたが、それはそれで美味しかったです。
来月は一人で新幹線に乗って遠出の予定です。
ボ~っとするのは子どものころからの倣いですが、ダラダラだけは避けたいものです。
何しろ、今年の目標は「ちゃんと働く!」です。


リっちゃんの生活

ダッドはまた面白そうなご本を見つけてしまったようです。
ただ、本棚の問題があるのでkindle版にすべきか?と悩んでいるようです。
紙の方が好きみたいですが、、、

晴れ
4℃
60%

勝手ながら、1月17日(木)~20日(日)臨時休業となっています。
ご注文、お問合せのお返事、発送は21日からとなります。
どうぞよろしくお願いいたします。

一日の終わりに今日も作家さんのおかげで嬉しい一日になりました。
常識外れのことで虚しい一日が大逆転です。
お忙しい作家さんが、わざわざ、ローバの希望を聞いてくださいました。
実は馬鹿馬鹿しいと思ったことの他にも、「どうして?」があったのですが、すぐに回答できなかったのはローバの不徳のいたすところです。
大慌てでチェックしてみるとお相手が勘違いされているところが分かりました。
ちゃんとしていれば明確なお応えをすぐにできたのに、残念です。
ですので、心を入れ替えて整理を始めました。
身体が二つ欲しいです。いいえ、三つあると良いな~。
兎に角、親切にしてくださった今日の作家さんだけでなく、お付き合いいただいている全ての作家さんのお気持ちに応えられるようにしたいと心から思っています。

そして天国三人組に感謝です。
凹んでいると手を差し伸べてくださいます。
虹を渡ってなお気遣いしてもらえて悲しいくらい幸せです。
あっちもこっちもお疲れ様です。

年の始めにこういうことになったのは警告です。
心はピンクのフワフワちゃん時代に戻って、でも嫌なことも後回しにしないでコツコツいたしましょう、です。
「なぁ~に」を大切にします。



今日はちょっとホットでした。

器は、日下華子さんの「印判花文6寸浅鉢(¥4,752)」です。
鉄釉ですが、日下華子さんらしい優しい雰囲気が、、、


 
お大根をこのように、、、姉ローバは大変です。
ローバはかつらむきはおろか、、、

器は、沖澤康平さんの「てまり(¥3,024)」です。


ひょんなことから手元に残ったお金があります。
勿論、ブラジルのおじさんの遺産ではありません。
遺産というのには額が、、、
でも、本来ローバのお金ではないので今度また国境なき医師団に寄付するときに一緒に寄付しようと思います。
ただ、次回はセーブザチルドレンにする番なので、次々回になりそうですが、、、このお金はどちらかというと国境なき医師団に向いているように思います。
勝手に思っているだけですが


リっちゃんの生活

今日はてんてこ舞いの一日でした。
でも久しぶりにゆり子ちゃんともお話ができ、またフェルトのコースターを作ってもらえることになりました。
ボクも応援しています。

¥21,600以上ご注文の場合は送料当店負担となります。
但し、これは1か所にお送りする場合で、2か所にお送りする場合は1か所につき¥21,600でなければ送料はご負担いただきます。
これは在庫があるものとご予約分をご一緒にご注文いただいた場合も全く同じです。ご注文とご予約を合算いただいても意味を為しません。
1か所、1回当たり¥21,600以上のご注文の場合のみ当店負担です。
¥21,600以上になった場合は2か所以上でも送料が当店負担となる、とか¥21,600以上であれば2回以上になっても送料を当店負担となるとお考えになると思われるのは誤解というか曲解です。
どういう思考回路でそういうアイディアを生み出されるのか?ローバには不明です。
「送料を払いたくないからお願いです」と仰られてもこの規定はどちら様にも同じです。
というかこのようなことをクドクドと書くのは如何ものかと思います。

これはかなり個人的なことになってしまいますが記録として、書いておきたいと思います。
不愉快になる方もいらっしゃると思いますので以降はお読みいただない方が良いかと思います。
送料がかかるならキャンセル、とか、そちらの態度が気にいらないのでお代金は払いますが品物は要りません、というのはある種の脅迫です。
送料は払いたくない、でも貴店の態度は気に入らないのでお代金は払うが品物は欲しくない、というのは全くもって妙です。
送料の方が安価で、しかも配達の方がちゃんと労働をした対価です。その上、HPの商品紹介ページに全く同じことは記載しておりますが、昨日「在庫の作品とご予約の作品は別送です。そうなると商品代金は一回当たり¥21,600以下となり、送料が発生いたします」と事情を話し、理解されたことです。
けれど気に入らないから送料よりもうんと高価な品物は要らない、しかもその品物は欲しいので注文されたものです。

これを認めるとキャンセルができると同じです。
今までそういうことはありませんでした、と強く言いたいです。
お願いという言葉で強制は止めていただきたいです。
たいていのお店はSNSの時代です。何を書かれるか分からない、ということで「キャンセルはお受けしておりません」と記載されていても、事なかれでお受けになっていると思います。
ローバも逡巡しています。
こういう馬鹿馬鹿しいことに振り回されるのは精神衛生上いけません。
それよりも前に進みたいと思っています。

ただ、ご自分のミスから生じた事象を「分かっていますがお願いです」というのは家庭内や幼稚園児のレベルの問題です。

折角、作家さんが丁寧なお仕事をなさっているのですから楽しくご使用いただきたいです。
その為にもじっくりとご検討いただき、サポートの方に作成いただいた「お買いものの前に」をご一読いただきたいです。

時々雨
5℃
78%

沖澤康平さんのワイングラス、赤堀友美さんの器を掲載完了しました。
明日からは中村かおりさんの器へまっしぐらです。
ちょっとホンマかいなですが、撮影部屋の器たちのことを考えると一日「今日は安息日」と言ってられません。
と言いながら安息日にしてしまうかもしれないローバですが、、、
だってローバです。休息は必要です。
ただ、撮影部屋はベッドルームのお隣なのであまりサボっていると、長い蟄居生活を強いられている器が隣からドアを開けて寝ているローバの首を絞める、、ってことがないようにしたいものですが、やっぱり一番は虹を渡った時に褒めて欲しい、、からです。
これが上手です。先天性管理職は褒めて、褒めて、いいように働かせます。
アレはやっぱり天性のものです。
ローバがしても付け焼刃です。
お付き合いいただける作家さんは本当に皆さん、良い方です。
今日も大分の織物の作家さん、岡山の木工の作家さんから懇切丁寧なメールをいただきました。
有難いことです。年齢を重ねてボケがきていると思いますが、感謝の気持ちを忘れないようにしなくっちゃ!です。

作品が素敵でもお人柄がイマイチ(失礼)の方は長続きしません。
最初は上手くいくように見えますが、お付き合いが長くなるともうイケマセン。
ズルズルしているうちに嫌になります。
1日がすぐに3日になります。
できない時があるのは理解できます。そんな機械じゃあるまいし、です。
ただ、そうなった時の対処方法が問題です。
多分、それも相性だと思います。
お互いに不愉快なことは避けた方が良いです。
当店だけでなくよそのお店にも影響がでて上手くいかなくなります。
作家さんの再編成をしたいと思っていますので頑張らなくっちゃ、少々寒いと言ってもサボっちゃダメ!、と自分に言い聞かせます。
姉ローバはダメです。「疲れているのよ。休みなさい」とすぐにローバを甘やかします。
自分で絞めてやらねば、、、


 
蓮根の歯ざわり、サックサクです。

器は、阿部春弥さんの「白磁リム7.5寸皿(¥4,860)」「白磁角豆鉢(¥1,944)」です。



真鰺らしいです。真でない鯵って?真鯛?真鯖?とか遊んでいたら天罰が下りました。

器は、市野吉記/コウホ窯さんの「安南手丸鉢(¥3,780)」です。
この器は便利です。大きめ飯碗にすると卵かけご飯の時に混ぜやすく、お昼の麺鉢にもなります。


明日はホンの少し温かくなるそうです。ご遠慮なくうんと温かくしてくださって何の問題もありません。
初雪ももう降ったことですし、何時でも春になって下さいませ。
そして適度の温かさで結構です。
暑さは要りません。
春の次は秋!これも暑いのが好きなすぐに真っ黒になりたがる方(自分だけなれば良いのにローバにも強要する方)が天国にいらっしゃるので言えます。
この世はローバのものです。



リっちゃんの生活

ボクは暑さには強いです。
夏のお散歩だって平気です。
できれば上がる方が好きですがマミィとダッドはすぐに添田さんのところでUターンしようとします。
あがるぞ~。寒いのがどっかへ行ったらね。
ところにより曇り
6℃
48%

いつも手が冷たくなってしまう撮影部屋でも小ぽかでした。
有難い、、、と喜んでいたのですが、明日は最高気温6℃だそうです。
あ~れ~、です。
最高気温が現在と同じ6℃、、、
寒いのが苦手な社長と寒いのも暑いのも苦手なローバは生きるだけで精一杯になりそうです。
仕事は確かにいたさないといけません。
今日も三浦侑子/BambooGlassさんからもお届けいただきました。
そして、今日も発注いたしました。
お出かけ前には木工の作家さんもスペックをお知らせいただいたので発注書作成いたします。
一日一発注書!
そして、できれば一日一善も。
ご飯はあまり食べないので一日半膳!
天草の木さんへも希望をお伝えしました。
ローバ、働きものです。
赤堀友美さんの器もほぼ掲載準備完了で、後はオープンにすれば良い状態にほぼほぼなっています。
中村かおりさんの器の撮影も完了!
これは姉ローバの協力大←大文字にしたいです。



アサリがシジミの大きさです。
ずいぶん前にお隣だったイタリアンで「小さいアサリだったね。シジミの間違いじゃない?」と友人と話していてふとメニューをみて「ハマグリ」と書いてあり、三人でぶったおれそうになったことを思い出しました。
アサリはきっと夏が旬なのです。

器は、赤堀友美さんの「白磁ふち色ダエンプレート/L/赤(¥5,400)」です。
明日にはご披露できると、、、



子どものころどうしてセロリが苦手だったのか?今や全く不可解なセロリ好きです。

器は、赤堀友美さんの「白磁ふち色ダエンプレート/SS/茶(¥2,160)」です。
以下、同上です。


今日はお庭で少し遊べた社長ですが、明日はブランケットから眼だけだしている状態になると思います。
できればローバもそうしたい、です。
撮影部屋の器の眼がキラっと光ったような気がします。
すみません。
明日もコツコツ働きます。


リっちゃんの生活

ボクはすべきことは毎日為しています。
すべきことをしてからなら希望を聞いてあげます。
先に溜めるな!という声は天国からも聞こえています。
まず、働け!です。
その後ならいくらでも可愛がってあげます。← 相撲部屋の「可愛がり」ではありません。
暴力は嫌いです。
最新CM
[09/16 あきこ]
[01/06 すずめ]
[04/23 にゃにゃ]
[04/18 にゃにゃ]
[04/01 にゃにゃ]
プロフィール
HN:
架け橋ホタル
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者アナライズ
アクセス解析

Template by Emile*Emilie