快晴
15℃
61%

というわけで昨日は書きかけたblogを削除して小学生か!?という時間にベッドに潜り込みました。
今日もまだ少し「ムっ」が残っていましたが、負のエナジーを正のエナジーに変えるべくお仕事に励みました。
ホンマかいな?

お願いして3年越しに入荷したジャムカップです。
名称通りジャムカップにしました。

こちらはジャムでなく、ピクルスカップとなりました。
自家製ですので着色料は使用していませんが、見事なまでの赤です。
去年の作り置きが既になく細々とコンフィチュール作りに姉ローバは励んでいますが、とても追いつかずかなりの部分はメープルシロップ、オリーブオイルで賄っています。


今年はもう少しピクルス作りに励みたいようですが、バタバタ忙しく、今年は我が家のフォンダンショコラにもお目にかかれないので、無理かも、です。
ジョナサンジャムカップ蝶々(ちょうちょ)ジャムカップともにまだ在庫数を入れていません。
もう少し全部掲載できるので、それをしてからです。

長野にローバズ好みのだら~っとしたおうちがあったので、お忙しい戸津圭一郎さんをとっ捕まえてロケーションをお尋ねしたのですが、どうやらパスした方が良さそうでした。
「長野なら、ボクや阿部君の近くは如何ですか?」と仰っていただいたのですが、長野に行きたい訳でなく、そのおうちが広いけれど何もなくてだら~っとしていたのが良かったのでお断りしました。
人の良い戸津さんはローバが近くに行った時の弊害がどうやらお分かりになっておられないようです。

も少し十二月窯さんに手をとられますが、その後は永島義教さんにまっしぐらです。
そして昨日、高橋順子さんから蓋碗の納品が早くなりそうです、メッセージをいただきました。
嬉しいですが、その前に永島義教さんの作品をご覧いただけるようにしたいし、東京へ行くご用がありますので来週にしていただきました。
蓋碗だけかな?っと思っていたら、一輪挿し、そば猪口もあるみたいです。
有難うございます。
そんなに怯えなくとも大丈夫です。嚙んだりしません。
怖くないよ~


怖いのは一見優しそうな、何も悪いことはしたことが無いの、と甘えた口調で話す方です。
恐ろしい、ったら、です。



これのガーリックソースで猫まんましたかったのですが、今日は諸般の事情でそれほどなく、ガッカリです。

器は、小倉夏樹さんの「灰粉引鎬(しのぎ)オーバル皿/L(¥5,610)」です。



この斜めから撮るのが苦手なのですが、ホンの少し上手くなったような気が、、するだけです。

器は、要美紀さんの「お花小鉢/黒(¥3,300)」です。
要美紀さんには陶板をお願いしました。
入荷は当然のことながらまっだまだです。

タカハシヒデキさんにもお願いしたいのですが、先日、見つけたサンプルが何処かへいってしまいどうするべ、です。
発注書作成は苦手です。

明日は食料調達デーです。
どうか道が混んでいませんように、、、


リっちゃんの生活

おなかの調子が少しずつ整ってきました。
昨日はダッドのベッドに潜り込みました。
ダッドはそりゃあもう大喜びでした。
ボクは機嫌が悪い時の特効薬です。
ボク無しで我が家は成り立ちません。
機嫌の悪いローバの家となります。
晴れ
5℃
71%

同じ伊東市でも我が分譲地は小高い山?丘なので、所謂、伊東市よりも2℃温度が低いことに今頃になって気づきました。
そして、火曜日の今日は食料調達デーなのですが祝日ということを出かける段になって気づきました。
土日は勿論、祝日に分譲地を出ることは、ましてや河津桜シーズンに出ることは危険です。
何時もの倍なんて甘いものでなく、下手をすると道路はパーキングと化します。
昔、首都高で全く動かず、首都高沿いのビルに居る方に道路状況を教えていただき、かなり早めに出たのにお約束の時間に間に合いそうになく、車から降りて首都高を走ろうかしら?と思ったことを思い出しました。
でもって、分譲地のほぼ中でご用を済ませて、明日、食料調達、ということになりました。
お陰で十二月窯さんの前半の器を掲載し、アイテム数が少ない阿部春弥さん、沖澤康平さんの器も一緒にご紹介するメールマガジン発行する快挙をあげました。
お誕生日が早く一歳(もしかすると二歳上)上のお知合いからFBで見かけないから病気かな?と心配したけれどblogで元気と分かって安心しました、というメールをいただきました。
かなり健脚の方で「今日は〇から〇まで歩いた」とよく書いてらっしゃいます。
ローバはへそ曲がりなので「元気」とか「健脚」とか、苦手です。
年を取ると衰えるのが普通です。
そして消えてなくなるのが好きです。
アッチに行くのを楽しみにしているので、「もう少し頑張って」とか言われると、、、



食材危機の中、有りもので、、、

器は、十二月窯さんの「ちょうちょ飯碗/中(¥3,080)」です。



お大根とかお茄子とかそれ自体にクセの無いこはいろいろ化けてくれて、良いこです。

器は、阿部春弥さんの「もえぎ縄文しのぎ6寸ドラ鉢(¥4,950)」です。
亀甲しのぎも品があって素敵ですが、ローバはこの縄文しのぎのナイーヴさに好感を持っています。
奥ゆかしい感じです。


一仕事終えましたが、お仕事はまっだまだマグダラのマリアのように山積みです。
で、十二月窯さんの後半の部にホンの少し取り掛かりました。
というか別の箱に入っていてすっかり忘れてしまっていた箸置です。


今回は絵付けを手描きだけでなく、印判技法も取り入れられています。

高橋順子さんの和紙染めにしろ、印判技法にしろ、それぞれ独特の面白さです。
永島義教さんは商品紹介ページのイメージ画像のみ完了しました。
永島さんなんだから「カトラリー」と最初思ったのですが、エンジェルウィング(勝手に命名)に変更しました。
気持ちは焦るけれど手は停滞!です。
千里の道も一歩より、ですが、一歩だと千里は遠いです。


リっちゃんの生活

今日のお出かけは近まとなりましたが、明日はいつも通りです。
ただ、食のパラダイス「アオキ」はかなり遠いのでまた今度です。
昨日はマミィが疲弊していたので心配しましたが、何とか事なきを得ました。
コウレイシャ一家は何時、誰が、、、ですのでそう頑張れ!と言われても頑張れません。
それは若者に言ってください。
よろしくお願いいたします。
それから金津沙矢香さん、赤堀友美さん、有難うございます。
ダッドに代わって、お礼まで、、、
ところにより曇り
3℃
57%

起きるの嫌だ~、と叫んだのですが、洗濯!と言われて渋々起きて、ラナイからお外を見ると車に雪が積もっていました。
サブい、、、
幸い太陽が出てきて直ぐに雪は解けましたがやっぱり2月です。
すっかりやる気も解けました。
でもそこは何とか厭々でも奮い立たせて十二月窯さんの大きな大きな箱を開梱です。
と言いつつまだ全部できていません。
すごく沢山です。
その上、フォルムはリモデル、絵付けも変更されています。
ほとんど全部、、、
そうかしら?と思って比較すると
このジョナサンのマグもどことなく違います。
翼部分がちょっと旧図案と、、、ゆったりとさせたそうです。

飯碗も少し、、雰囲気が、、、

蝶々は印判技法を取り入れられたそうです。
日進月歩です。
留まることを知らず、、、

留まって、と言うか、停滞しているのはローバのブレインのみです。
停滞というのは厚かましく、劣化が正しい

永島義教さんは作品は、、、ですが、プロフィール画像を撮ったつもりでしたが、巨匠(そんなものが何処にいる?!)、気に入りません。
明日、撮り直そう、と思っています。


ここでお願いです。
ご注文いただく時には当店のメールアドレスを受信できる設定にお願いします。
今日もありました。
迷惑メールが着信しないようにしてあるそうです。
迷惑メールと言われるとちょっと心外ですが、会員登録もいただいているのでもし次回があるならば受信できる設定にお願いします、とお伝えすると「その気はないそうです」
それではちょっと困ります、です。
今回はご入り用らしいのでお送りいたしますが、次回は、、、、

それから金津沙矢香さんのお雛さまは抽選結果がでました。
個人情報なので書きませんが、もう少しでタイムアウトになりそうな方でした。
籤引きって気が重いので、もうしたくありません。
ご期待に沿えなかった方すみませんでした。
そして外れてしまったにも拘らず、わざわざお気遣いいただきありがとうございます。
来年はちゃんとお願いしまうので、是非、です。



胃の具合が悪い時に、、、

器は、人見和樹さんの「白磁鉄点文様どんぶり(¥5,830)」です。


明日は、永島義教さん、十二月窯さんの作品の撮影が驚くほど進みますように、、
できればポカポカの一日でありますように
そして良い日でありますように


リっちゃんの生活

ダッドは一昨日ストーブを消し忘れて寝たようです。
バケツを持たせて廊下に立たせてやろう、、と思いましたが、やめました。
腕が痛い、とか、足が冷たくて凍傷になったかも、とか、一日中言われそうです。
曇り時々晴れ
7℃
47%

ようやく、十二月窯さんの箱の二つめを開けました。
しっかり梱包されているので破損の心配はなさそうです。
割れ物ですのでさっさと検品したいのですが、ここのところの納品ラッシュでローバズ、青息吐息です。
そういう時に限ってお問合せも山ほどいただきます。
集中する時ってそんなもんなんですね。
ローバズ、へとへとです。
その上、ウィルスメールも訪れてくれます。
もっと、気持ちが明るくなるのが良いです。

で、全く関係ないことを思い出しました。
以前、お友だちに午前中着で送ったのにも拘らず「14時頃に届きいたよ、一日が潰れた、、、」という報告がありました。
で、日本郵便に問い合わせてみると日本郵便の午前中は14時までだそうです。
え~っ、です。
普通午前中っていうと12時まで!と思っていたのですが、日本郵便にとっては14時までが午前中らしいです。
ですので、それ以降、そんなに待つなら午前中にお出かけできる「12~14時着指定」は如何?ということで12~14時着指定で送ることにしています。
多分、ご存知ない方が多いと思いますので、もう一度、日本郵便の午前中は14時までです、と念には念を入れて記載いたします。
今後の参考になれば幸いです。



器は、十二月窯さんの「蝶々5.5寸リム皿」です。
今回は1アイテム当たりの納品数が比較的多いので大手を振って自家使用です。
蕗の薹は勿論、裏庭で採取です。
自生しています。
何のお手入れもしていません。
同じく何のお手入れもしていない栗の木はちょっとしてあげないと辛そうです。
ミカンの木もかなり疲れているようです。
自力で頑張っていただけると嬉しいです。
どちらも採取したことがありませんが栗鼠は喜んでくれています。
ただ、去年の台風直撃で疲れているようです。
何しろ直撃です。

月曜日には阿部春弥さんから箸置などのお届けがあるそうですので、その前に永島義教さん、十二月窯さんの作品に、、、
と言っても明日は日曜日でたった一日で両方はおろか片方も、、、
でも濱岡健太郎さん、オノエコウタさん、書くまい、書くまい、が届きます。
兎にも角にも、一歩ずつ前進です。
東京へも行かなくちゃ、、、
そんな時間がどこにある、どこにもない、でもご用が溜まっている。
愚痴の多い一日です。
明日は愚図愚図言わないきっと良い日!


リっちゃんの生活

ボクがお昼寝している傍でマミィとダッドが新聞紙を畳んだり、段ボール箱をつぶしたりして喧しいったらありゃしない、です。
それなのにマミィは一人ぼっちよりずっと良いでしょ、って言ってきます。
眠い時は一人ぼっちの方が良いです、と言いたいですが、そういえば角が立ちます。
グっと我慢です。
ところにより曇り
4℃
67%

今日は食料調達デーです。
ですが、分譲地からでると大渋滞です。
どうやら河津桜まつりらしいです。
ここしばらくは土日は絶対分譲地から出ない方が良さそうです。
何しろ5分で通過する道が1時間以上かかります。
以前、1時間どころか全く動かず、細い道路なので戻ることもできず1時間以上駐車場と化した道で寝るわけにもいかず泣きました。
河津桜は正式には「桜」ではない!という方は居ますが、河津までの通過点の住人としてはそんなことはどうでもいいです。
やたらと赤い桜を渋滞をおして見たい方がいるというのが不思議です。
我が分譲地では既に河津桜満開です。
誰一人止まって見ている方がいません。
もう少しするとソメイヨシノも満開になります。
道がピンクの絨毯になります。
見ているのはキレイですが道路掃除に奮闘される管理人さんのことを考えるとお気の毒です。
兎に角、分譲地のなかで十分お花見堪能できますが、堪能している方はいません。
窓からでも十分見えます。
ローバは「花より団子」です。

でもって、田中ちあきさんの練り込み器、金津沙矢香さんのお雛さま、沖澤康平さんのワイングラス、掲載し、メールマガジンも発行しました。

スカラップ深皿が秒殺で去って行きました。
生産性が悪く、のとひび割れ率が高く、製作していて挫けそうになられるらしいのですが、望まれると力になってくれます。
良かったです。
多分、こういうのが作家冥利だと思います。

ただ、手元に新しい器が山盛りです。
開梱もできていません。
明日からまた一山、一山崩して行きます。
愛の手を、合いの手をソッレ~

それにしても十二月窯さん、頑張っていただきました。
次はローバが頑張る番ですが、その前に永島義教さんの作品を!



最近の姉ローバのブームらしい

器は、弦巻玲子さんの「染付け唐草花楕円皿(¥8,800)」です。



里芋も子どものころは好きではありませんでした。
思えば偏食の子どもです。

器は、人見和樹さんの「白磁鉄点文様浅鉢(¥4,180)」です。


もしかすると金津沙矢香さんのお雛さまの受注は早めに締め切るかもしれません。
何しろ1対です。返金作業が、、、


リっちゃんの生活

今朝は寒くて3人で震えました。
明日は大分と温かいみたいです。
2月だから仕方がないのかも、ですが、ボクとダッドは寒さに非常に弱いです。
そこのところ、よろしくお願いいたします。
最新CM
[09/16 あきこ]
[01/06 すずめ]
[04/23 にゃにゃ]
[04/18 にゃにゃ]
[04/01 にゃにゃ]
プロフィール
HN:
架け橋ホタル
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者アナライズ
アクセス解析

Template by Emile*Emilie