曇り時々晴れ
26℃
80%

カレンダーは伊東屋さんの大きなA1判の1枚カレンダーともう40年くらいから決めています。
書き込めるし、振り返って見ることができます。
以前大阪にいるころは年末に銀座の伊東屋さんへ出向き買っていました。
近くなってからは適当です。
年末に東京へ行くご用がなくなりました。
あの頃は帝国ホテルで止まって日比谷からとことこ歩いて銀座です。
A3の方眼紙も一緒に買っていた記憶があります。
ローバが一番楽しくて幸せだった頃です。
思い出すと胸が痛くなるので今は止めておきます。

カレンダーのお話です。
伊東屋さんからカレンダーのお知らせがきました。
そんな季節なんだ、、、です。
仲良しのPieちゃんに「要る?」って訊くと「欲しいです」とお返事のメールが来ました。
本当にPieちゃんは気持ちの良い、優しい人です。
そういうお友達が居るのは幸せです。

随分前に違うお友達から「お仲間は沢山居てもいいけど、友達は3人で十分」と諭されました。
年齢は一回り下ですが時々教訓を垂れます。
凄く聡明だけど底抜けにお馬鹿さんです。
兎に角、ある点(これが人生でとても重要なところです)が悪趣味もいい所です。
それを失敗というかどうかは後の人生が決めることなのでローバには分かりませんが、それで普通の方なら随分悩み、苦労したことだと思いますが、ちょっとした超人なので「軽いもんよ」とのたまうかも?です。
長所も欠点もありますが、ローバにはとても寛大な友人でした。
ローバが一番サイテーの時に自分も社会的に超忙しい時にず~っと付き添ってくれました。
彼女が尊敬していたお父様がつい最近亡くなったのをウェブのニュースで知りました。
辛い時を過ごしていた時に知らなかったとは言え、申し訳なかったと心から思っています。
寄り添ってもらったのに、何にも、です。
人に辛いところを見せるのが苦手な人なので、彼女の場合はそれが良かったかもしれません。
いつか心の傷が少し癒えたころに手紙を書こうと思います。
彼女のお父様はローバにも優しかったです。
「ほう、女性でもこんな本を読む方がいるんですね」と同じ種類のご本が好きだったので貸してくださったことを思い出しました。
なんてことを今日一日思っていました。

でもって、そんなことも思いながらローバは今日もお仕事に励みました。
「haruちゃん、死ぬまで働くなんて馬車馬と同じですよ」と言われていましたが、お父様、溜めてしまったんです。
まぁ、虹を渡った先輩は「haru、頑張れ、頑張れ」と言っていると思いますが、頑張らざるを得ないいんですっ!



姉ローバはネタが尽きたようです。
器は、市野吉記/コウホ窯さんの「緑釉いろ安南手平皿」です。
ほぼ掲載済みとはいえ、、、



ゲーテが本当に言ったかどうか?
もっと、光を、、、はかねがねローバが希望しています。
器は、濱岡健太郎さんの「スクエアボウル(¥3,024)」です。
濱岡健太郎さんは心優しい良い青年会議所です。


昨日は早めにベッドへ行きましたが、社長がベッドから落ちてビックリして目が覚めてしまいました。
どこも痛めた様子がなく、今も元気に不良行動をしているので安心ですが、あれほど下に行ったら駄目と言い聞かせても流石ローバの子どもです。
ちっとも言うことをききません。


リっちゃんの生活

ベッドから落ちたくらいで騒ぐな!
さっさと抱っこしてベッドにのせろ!
グズグズ言うな!
って言ったら叱られるので、心の中だけにしておきます。
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[09/16 あきこ]
[01/06 すずめ]
[04/23 にゃにゃ]
[04/18 にゃにゃ]
[04/01 にゃにゃ]
プロフィール
HN:
架け橋ホタル
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者アナライズ
アクセス解析

Template by Emile*Emilie