ところにより曇り
4℃
46%

ローバは喘息もちです。
最近こそ発作がでていませんが、一度、症状がでてしまうと生き死にの問題です。
ですので、最近は予防接種についていろいろかますびしいですが、それはさておきインフルエンザの予防接種のプライオリティーの最上位でした。
それが功を奏しているのかどうかは、、ですが、インフルエンザにここ10年以上罹患したことがありません。

ですが、今日はインフルエンザに罹患したお知合い方がお二人です。
最初は昨秋お目にかかった木工作家さんとお話をしていて教えていただきたいことがあったので先に興味のあるもののスペックをお知らせいただき、再度連絡をし直した方がよいのでは?でご都合の良い時をお伺いしていたらメールで「インフルエンザにかかってしまい、失礼したのでは?予定はそのままで」というメールをいただきました。
失礼なんかなさっていません。どちらかというと態度が大きいのはローバです。
これはうんと年長者ということでお許しいただきたいと勝手に思っていますが、相手の方は失礼どころかとても謙虚にローバの話に耳を傾けてくださっていました。
なんて良いヤツ(失礼)でしょう、どうかどうか変わらないでね、です。
そうしているうちに先日鎌倉でお目にかかった方がインフルエンザに罹患なさったらしいです。
この方もとても気遣いのある素敵な方です。
どうやら、今回はインフルエンザは性格が良い方が罹患するらしいです。
性格の悪いローバは一安心です。
ただ、その性格の悪いローバもちょっと口あんぐりの方がいらっしゃいました。
元々はこちらのミスから発生したことですが、ちょっとした誤解があり、まず誤りを訂正していたら、今度は棘のあるメールです。
気持ちのおもむくままにメールを下さり、こちらが返事をする時間の余裕なく、その上をいく曲解で「もう返事はいりません」だそうです。
要らないと仰るので返信はいたしませんでしたが、メールの文章から見てきっとお腹立ちです。
無駄に不愉快ことです。
素敵な方はたいてい笑ってらっしゃいます。口角をあげた方が素敵です。


 
毎日使っているとこんな色になります。

器は、牧野弘樹さんの「鎚目桜深皿(¥4,536)」です。
使用前は
 
この画像もイマイチです。もう少し薄い色です。
使用後は艶もでています。
陶器もそうですが経年変化って楽しいです。育っている、って感じです。



この里芋は関西人ではありません。

器は、市野吉記/コウホ窯さんの「安南手輪花丸鉢(¥4,860)」です。


何はともあれお熱など早く出し切って早いご快癒をお祈りしています。
気持ちは天に通じると思っています。
人は健康を前提に考えているので、収拾が大変です。
ローバもここのところ救急搬送もされていないのでかなりイイ気になっています。
危険です。


リっちゃんの生活

ダッドはかなり太いヒトになっています。
前なら多少気に病んだと思いますが、全く平気です。
年を重ねるということは恐ろしいことです。
でも今日は新しい作家さんに発注書も送ったり、よく働きました。
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新CM
[09/16 あきこ]
[01/06 すずめ]
[04/23 にゃにゃ]
[04/18 にゃにゃ]
[04/01 にゃにゃ]
プロフィール
HN:
架け橋ホタル
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者アナライズ
アクセス解析

Template by Emile*Emilie